子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

中学生の息子にスマートフォン

f:id:akachanosusume:20150512191431j:plain
神奈川県 Y.Kさんの体験談

中学生になると、子供同士の人間関係は親からは見えにくくなります

スマートフォンの普及によって、今の中学生ほとんどが持っていると思います。

子供が中学に入る前に、子供にスマホを持たせるかどうかの話が親同士でも話題になりました。

その話を聞いていると、スマホを持たせる理由のいくつかに疑問を感じ、中でも、みんなが持っているから、仲間はずれになってしまうのが怖いという理由が多かった事が気になりました。

ここでまず、子供がどう考えているかは別として、親としてのビジョンをはっきり決めました。

率直な意見として、中学生にスマホは必要ないというのが私達親の考えでした。
ちなみに携帯電話は持っていますが、遠くに出かける時や、ちょっとした連絡にのみ使っていました。

スマホは必要ないと思う理由はいくつかありました。

・友人とのコミュニケーションは学校で充分に出来ると思う事
・どうしても連絡が必要なら他に方法があるしメールでは対応できる
・みんなが持ってるからは理由にはならない
・中学生活は学業と部活だけでも相当忙しい
・スマホが生活に必要な理由が何なのかがわかりにくい
・調べ物はパソコンでやればいいと思う
・趣味や知識などの見識を体験から広げてほしい

これだけ見ると厳しいように思う方もいるかもしれませんが、これから世の中で人と関わりながら生きていくためには、人に流されない事も大切です。

また、少数派でいる事は強さもいります。

例えばスマホがないと仲間外れにしてくる人は、本当の友達なのかという根本を見つめてほしいと思いました。

自分を受け入れてもらう為に、みんなと同じ事をするのではなく、人に受け入れられる人間的な魅力を培う事が大切だと思うのです。

そこで、これら親のビジョンを持って、子供としっかりとした話し合いをする事にしました。

はじめに子供にスマホがほしいかどうかを尋ねました

子供は、興味はあるが、どうしてもほしいわけでもないと答えました。

そこで、親としての考えを話しました。

スマホを持つ事が絶対ダメと言うつもりではありませんでしたが、子供は、親の考えを真剣に聞いてくれたようで、まずはスマホなしで生活する方を選択しました。

結局3年間スマホは持ちませんでしたが、勉強も部活も充実していました。

スマホをやるような時間を趣味にも費やす事ができました。

友達もたくさんいて、スマホでのやりとりが無いなりに、普通に仲良く付き合っていく事ができました。

男女でもまた傾向が変わってくるかもしれないので、全てこれが正しいとは思っていませんが、息子は、今では3年間スマホが無くても楽しく生活出来た事を誇りに思っているそうです。

「知り合いをつなぎとめておく為のツールとして持っていたら、今の大切な友達はいなかったと思う」と言ってくれました。

今では仕事や私生活に便利なツールとして使っているようで、息子が私達の真意を理解してくれたことに本当に感謝しています。