子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

ついつい子供を管理し過ぎてしまう

f:id:akachanosusume:20150706112948j:plain
埼玉県 U.Mさんの体験談

◎一人っ子男子の我が子をついつい管理し過ぎてしまう。

我が家には11歳の男の子がおります。


一人っ子と言う事もあって、幼い頃から色々な事についつい口を出しすぎてしまう事があります。

幼稚園の先生にも小学校の先生にも園や学校へ来たら、きちんと考えて行動が出来ているから、あまりに子供さんを干渉しない方がいいですよと言われた事がありました。


私がどんな事につい口を出して管理をしてしまうのかと言うと、「トイレを済ませたの?」「ちゃんとシャツをお腹に入れたの?」「誰とどこへ行って何時に」」帰宅するの?」「宿題の内容は?」・・例を挙げたらきりが無いほどに一日中我が子が気になりまして、つい管理し過ぎてしまいます。


ある日、友人が泊りに来たのですが(私の学生時代からの友人)一緒に食事にしている時に、我が子が私に向かって、「トイレへ行ってくるね」と言ったのです。

私はいつもの普通の会話だと思っていたのですが、息子がトイレに入った後に、友人から、「あんまり子供に干渉したり、管理してばっかりは辞めな、トイレへ行って来るねと、いちいち家の中で親に知らせてる子は親がうるさかったり、全ての事に口を出して管理し過ぎている証拠だよ。子供がお母さんにトイレへ行くと告げるのは幼稚園まで子供の行動だよ」と言われてしまいました。

それを言われた時はどきっとしましたが、確かにそうかもしれないと感じた瞬間でもありました。

◎余計な心配をついついしてしまう。

一人っ子と言う事で、全ての思いや心配が息子へ向かってしまうというところもありがちなのですが、私の場合はまだ起きる前の心配までをしてしまう様な事があります。

以前、小学校の講演会で子育ての話を聞きに行った時に、あまり子供に干渉し過ぎたり、余計な心配ばかりしていると、子供が神経質な性格になってしまう可能性もあります。

まだ起きても居ないような事までを心配するような性格や習慣がついていしまうと、この先の人生が楽しめなくなってしまうことがあるので、まずは親が「大丈夫大丈夫」と大らかでゆとりのある気持ちで子供と向き合うことが大事。

それをするにはまず子供を信じること


親が思っている程、我が子は弱くは無いとの事でした。

まだ起きていない先の心配をするほど無駄な事はないとのお話で、今までの私がしてきた子育ては間違っていたんだなと感じた瞬間でもありました。

息子が中学生になる前に自分の子育て方法が変わることが出来そうなので、良かったと感じています。