子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

時代にも合う、日本人の品格をしつけたい

f:id:akachanosusume:20150626201354j:plain
茨城県 H.Tさんの体験談


私は10歳と8歳の女の子、3歳の男の子を持つシングルマザーです。

仕事もしているので、子育てはもちろん、家事で毎日手一杯です。

母から受け継いだこと

誰でも母親から沢山教わったことがあると思います。


私の母は戦前生まれで、東北の山奥育ちなものですから、現代の子育てとはかなりギャップがあります。
  
私が子供の頃、よく母から言い聞かされていた習慣の1つが、「寝る時に着替えを畳んで枕元に置いておきなさい」でした。

母曰く、「夜中に災害があって逃げる時に、着替えを用意していないと着替えに時間がかかって、逃げ遅れるから」とのことでした。

子供の頃は素直に「そうだよねえ、逃げるのに時間がかかっちゃ危ないよなあ」と思っていましたが、実際自分が子育てする中で、同じしつけを子供たちにしようとすると、なかなか上手くいきません。


娘へ伝えたいのに・・・。

母と同じことを娘に言った際、長女にこんなことを言い返されました。

「寝る時に、着替えをきちんと畳んで枕元に置きなさいよ」

「今畳んでも朝起きる時にはぐちゃぐちゃで、布団の中で行方不明になるんだもん」

「布団の中で行方不明になっても、部屋中を探すより布団の中を探す方が早いでしょ。夜中に火事でも起きて着替えに手間取ったら逃げ遅れるよ!」
「そんな時はそのまま逃げるもん。学校でも“まず、自分の身を守ること”って言ってたよ」

「確かに、着替える暇があったら逃げるよなぁ・・・。」

尤もな正論を言う娘に、私は何も言い返せませんでした。

伝えられた品格を途絶えさせないために

母の時代観念からすれば、命よりも対面の方が大事なのでしょう。


私は「命が何よりも大事」と教えたいのですが、「生理整頓や非常事態に備える習慣」も教えたいのです。

私も「古き良き日本人の品格」を伝え、大事にしていきたいと思っているのですが、この日本人の美徳を娘にも伝えるには、母と同じやり方では今の時代にそぐわないようです。

今の時代にも合う、日本人の精神を教えるうまい方法を模索中です。