子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

マレーシアでは、しつけとしての体罰は普通でした

f:id:akachanosusume:20150626201353j:plain
福島県 M・Aさんの体験談

1年間通ったマレーシアの幼稚園

夫の仕事の都合でマレーシアに住んだことがあります。


娘は当時5歳でした。

そして、現地の幼稚園に通い始めました。


まず、入園前に校長先生から確認された事の1つにしつけに関することがありました。

その内容は、
「家ではどのようにしつけをしているか。決まりが守られない場合には、どのように罰を与えるか?」
ということでした。

私の家庭のしつけは、気長に根気よく、本当に悪いことをした時は正座でお説教です。

この場合も集中力は持ちませんから、せいぜい5分といったところでしょう。

それを伝えると、
「マレーシアの幼稚園では、悪いことをした時は ものさしで叩くことが普通 だから、この幼稚園でも行っています。」
と言われました。

また、それは顔とか頭ではなく、手の平やおしりなので了承してほしいとも言われました。

他の保護者にも聞いてみましたが、それがマレーシアの習慣らしいので、私も受け入れざるえませんでした。

娘が怖がっていた、ものさしで叩かれる事

娘が通うようになり、少しずつ慣れてきた頃、幼稚園で、今日は誰が叩かれていたと話をしてくれるようになりました。


娘はまだ英語に慣れていなくて、先生のそばにいることが多かったので、余り自分本位の行動をすることはなかったのだと思います。

そのため先生からは悪いことはしない、良くいうことを聞いていい子だといわれていました。

本当はいわれていることが分かっていなかっただけなんですけどね。


でも、ほかの子供がものさしで叩かれるのを見て、娘は恐怖感を抱いたのでしょう。自分も叩かれないように気を付けているようでした。

幼稚園ではこんなことをして叩かれていたからこれはしたらだめだということが、英語が分からない娘にも一目瞭然よく分かったのだと思います。

規律を守って通えた幼稚園生活

ものさしの事もあり、娘の幼稚園は規律が良く守られていたような気がします。


家でその反動が出るかと心配でしたが、これはダメと家でも私のダメ出しをしてくれるほどになりました。

マレーシアのしつけの習慣で、娘も自然にしつけがされたような気がしています。

色々な形があって、時には体罰も悪い事だけではないなと感じています。