子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

娘が思春期まっ只中!情の成長の為におこなった我が家の対応!

f:id:akachanosusume:20150512191432j:plain
鳥取県 J.Jさんの体験談

娘が思春期中、学校でも色々とあるようです

最近、何かと言葉にとげがあり、つんつんしている娘です。

でも、自分に困ったことがあれば時に甘えてくることもあります。


今は、学校に「スクールカースト」と呼ばれる暗黙の身分制度があると話してきたのには驚きました。

子供たちは子供たちの社会で苦労しているようです。色々ある中で学校を休まずに行ってくれているので、家の中では少々のことは受け止めていかないといけないかな、と思っているこの頃です。

口をひらけば、何かと叱り言葉がでてきます

自分を振り返ってみても確かにそういう時期があったのは事実です。親を避け一人になりたいと思っていた思春期


今、時に子供の言葉にむっとしてしまうこともしばしばですが、、、。先日テレビで、思春期の反抗は「生きる力」だといわれていました。

自立していくに必要な成長過程だということであり、逆に反抗期のない子供は社会に出たとき生きる力が弱いということです。


いろいろな逆境に負けてしまいやすい子供になるということのようです。

思春期の対応、子供の情の成長の為に

そこで、今はなるべく力で抑えるのではなく、距離をおいて、見ないふりをして目を離さず、手をださず、本人が求めてきたときに話をするようにしています。


しかし先日の事、娘の話を料理をしながら聞いていると、「適当に聞いているね」と言われてしまいました。

この時は、「今忙しいの」と言いたいところをぐっとがまんして、「ごめんね」ということができました。


どうあっても家庭が子供たちの安全地帯になれば、いじめも少なくなるのではないかなとも思っています。

たぶん、いじめている子供たちは家庭に何らかのストレスを抱えているのではないかと思われます。


小学校高学年ごろから特に女子のいじめが多くなりますが、どういう友達とつきあっているか、どんな話や遊びをしているか、そんな事を知ることで子供の情の成長を理解できます


この時期は何よりも友達一番ですので、その友達を大事にしてあげると子供も喜びます。そうは言っても、突然また機嫌が悪くなったりするので思春期は本当に大変です。


親の価値観に入れようとすればするほど反発しますので、とにかく本人が冷静に求めている時に聞くことかな、と思っています。

少子化のこの時代、一人っ子の場合は特に目が行き届きすぎて大変だと思いますので、親の子離れのための趣味や仕事をおすすめします。