子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

子供が自主的に勉強する癖を大人がつけてあげる。

f:id:akachanosusume:20150529173838j:plain
大阪府 K.Yさんの体験談

「勉強に関してはかなり良い評価」

小学生3年になって、クラスの通知表を渡されましたが、成績がいつも上位にいることで5段階のうちほとんどが5と4でした。


体育だけは、水泳が苦手だったので通知表が3になってしまっていましたが、それ以外はほぼ満点に近いと思います。

この評価が高いと気が付いたのは、友達の家に行った時に、3ばかりで4と5がないと言っていたことがきっかけなのです。

子供の勉強への評価が、かなり良いということが実感できたときでもあります。


評価の基準は学校や先生によって変わるので細かい所はわかりませんが、他の子供と比べてしまうと、成績が良いということになります。

親バカ!と思われるかもしれませんが、我が子はかわいい!賢い!と思わせて下さい。

「本を好きにさせる事が大切」

なぜ自分の子供の点数が良いのかと私的に分析すると、小さいうちに自分の机と本をプレゼントしたことにあると思います。


幼稚園の時から、毎月出ている「たのしい幼稚園」という漫画のような本を買っていました。

今も「小学3年生」を買っています。
雑誌ならば漫画やアニメを主体に、知らない間に勉強してくれていたので、今の点数があるのだと感じています。


古い本は捨てて行ってますが、昔の本も合わせると100冊以上の本がありますね。

大人が読む量よりも多い量を毎月読んでいるので、理解力が大きいのが良かったのだと思います。


付録や迷路やクイズなど、頭を使うモノが学年別に入っているので、本当に楽しく勉強出来ます。

楽しく勉強をするという事が凄く大切だと思います。

「自主性を大事にしてあげる」

後は、親がどれだけ勉強や子供の話に、付き合ってあげられるかどうかの問題ですね。


子供は親に良いところを見せたいと思って、頑張るところがあるので、良い点数を取った時には素直に「スゴイね!」とか、「良く頑張ったね!」と声をかけると、さらに勉強に頑張るようになります。

自主性があれば子供もすぐに伸びて行きますので、自主性を大事に道筋を作ってあげることが親の仕事だと思います。

子供が勝手に勉強をしている姿を見ると、とても安心できますし、私達親側もやる気が出てきます。


買い与えるのは、遊び道具ではなく、漫画でも良いので本を買ってあげるのが効果的だと思います。

本を読むことで、知識が確実に上がって行くので、予想以上の子供の成長にビックリするはずです。

これからも、もっと本を好きになってもらう為、自主性のある子供になってもらう為に、しつけを頑張っていこうと思います。