子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

子供が自分から積極的に勉強をする方法!

f:id:akachanosusume:20150529173838j:plain
大阪府 U.Tさんの体験談

「勉強を一緒にを見てあげることから始める」

小学校に入学すると、それまでの幼稚園、保育園生活とは違う生活が始まります。


少しではありますが宿題も出るようになりますよね。遊び中心だったのに勉強が主となります。


そして、何事も最初が肝心です。

まずは入学して最初に出される宿題の時からきちんと隣で見守ってあげることが大事ではないかなと思います。


最初の宿題と言えばだいたいひらがなですね。

子供が「分からない」と言ってくる事はまだない頃でしょうが、隣に座って宿題を見てあげます。できれば連絡帳の確認も毎日します。


そして、大事なのが、帰ってきたらすぐに宿題をさせる習慣をつけることです。


遊ぶ約束をしてきたらもちろん遊びに行かせてあげればいいですが、まず宿題を片づけてから行かせるようにします。

それがどうしても嫌がるようならば友達と一緒に宿題をさせてから遊ぶというルールを守らせることです。


それを続けることで、毎日ちゃんと宿題をするという習慣がついて「宿題しなさい!!」と毎日叱ることもなくなると思います。


一度か二度、宿題をせずに遊びに行ったことがありましたが、帰ってからまだ宿題をしなくてはいけないという事実に嫌気がさしたようで、ほとんど宿題を後回しにすることはなくなりました。

4年生の今でもそれは続いていますし、こちらから宿題をするように促すこともほとんどありません。

「積極的、自主的に自宅で勉強をするようになるには」

幼稚園の頃からしているチャレンジも引き続き受講しています。


これも宿題と同じで、小学生になってからは隣で見守りながらやらせていました。

宿題をしてからチャレンジをして遊びに行かせるというのは少し時間がかかりすぎてかわいそうなので、遊びから帰ってからチャレンジをするというルールにしています。


我が家では、月~金の5日間、平日にさせていました。


遊びを優先させて週末にまとめてやらせるのは集中力が持ちませんし、子供も嫌がりそうだったのでできるだけ平日にするようにしています。

平日にちゃんと宿題とチャレンジをすれば土日はなにもしなくてよいという事も子供なりにメリハリがついていいようです。

毎日スケジュール通りに進めていますし、たまにできなかったりしても後で自分でうまく調整をつけているので、毎月の赤ペン先生も期限内に提出しています。


自宅学習は宿題以上に毎日続けさせるという事が難しいですが、ガチガチのルールでなくても良いので守らせる事と、たまに「チャレンジした?」と声掛けをするようにしています。

習い事に行きだして、学校が6時間の日はチャレンジまで手が回らないのでその分は土日にするようにしています。


宿題を見てあげる。

自宅学習も見てあげる。

できたら褒める。

これらを2年ほど続けました。


そのうち子供も宿題を見せにくることもなくなりますし、チャレンジも自主的にするようになるので、その時がきたらもう見守ることを卒業する時かな、と思っています。