子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

靴をそろえる習慣が身に付かない娘。積極的にしつける

f:id:akachanosusume:20150512191422j:plain
福島県 M・Aさんの体験談

話せる、聞ける頃には積極的にしつけを

私の娘は2歳です。


最近いろんなことが理解できるようになり、私も夫もいろいろな事を覚えてもらおうとしつけを行っています。

上の娘はもっと早い段階で、話をすることや理解することもできたので、もっと厳しくしつけをしていたような気がします。


しかし、2番目になるとちょっと甘くなりますね。


子供は2人で会わりにしようと思っているので、この下の娘の育児が最後。

本当に2歳というのは、魔の2歳児というけれど、可愛くて仕方がないのです。


言葉を話し始めると特に笑ってしまうことが多くて、いうことを聞かず私が起こっていても、思わず笑って抱きしめてしまうこともあるのです。

でもその甘さが、しつけのなさに結びつくこともあるのかなと最近思うことがあります。


自分ではこれくらい許容範囲だと思っても、夫には許せないから矯正が必要と思う価値観の違いがあります。

そのために、まずは夫婦でどこまでのしつけをするか良く話し合っておく必要があると思います。

靴をそろえるようになってほしい

2歳という年齢なので、まだまだ難しいことはできません。

ですので、日常生活での最低限の事を今は指導しています。


そのうちの一つに靴をそろえるということがあります。

私もあまり口で言うとうるさくなってしまうので、見て覚えてほしいなと思い、外出から帰ってきたときなど、靴をそろえてと一言は言いますが、あとは自分の靴をしっかりそろえるのを見せてそれをまねさせようとしています。


しかし、それがなかなかできない。


一旦はそろえるのですが、その後玄関に座って、ほかの靴と組み合わせて揃えたり、また大きな靴の中に自分の靴を入れておいておいたり…。

まだ靴をそろえるということがあまりできていません。


でも、娘はまだまだ2歳、それが習慣つくように声をかけつつ、余り厳しくは言わないつもりです。


よく上の娘の真似をすることもあるので、上の娘のそろえるのを見て真似をし始めるのではないかと考えています。

放置するという事ではなく、良くできた時は大げさに褒め、できていないときはさらっと怒る、これを繰り返して積極的にしつけを行っていこうと思っています。