子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

子供には色々な経験をさせる!自身で選択させる!

f:id:akachanosusume:20150519183625j:plain
兵庫県 M.N さんの体験談

・家内と私の子育ての方針

我が家は子供に幼いころからできるだけ多くの経験をさせてやろうということを方針にしていました。


何しろ、子供の適正など一朝一夕にわかることもなく、また自分の意思で何がやりたいということも幼いころから主張することもまずないと思います。

ですから、スポーツでもスイミング、クラシックバレエ、お勉強では英会話とできるだけいろいろなジャンルを経験させてやることが重要だと思ったのです。

もちろん、子供の直感でどうしてもいやそうなものは最初から取り組ませない方がいいのかもという考え方もありましたが、やってみないことにはわかりません。


そういった考えもあり、水が嫌だという子供も最初は無理やりでしたがスイミングに連れて行ったりもしました。

そして、最終的にはスイミングも大好きになるという、期待以上の結果になりました。

子供への動機づけ

こうしたいろいろな習い事、経験を重ねるにあたって子供にも動機づけをそれなりに行ってきました。


子供にとって難しい、疲れるなどのイメージしか無い場合は嫌がるのは当然です。。

ですから、いろいろな経験をすることでお友達も増えて、いろいろな遊びもできて、さらにはお出かけする時間も増えるよ!というポジティブな内容で習い事を積極的に取り組むように仕向けたわけです。

子供自身に選択をさせる

こうしていろいろな習い事を経験した結果、子供にもっともあっていたのがクラシックバレエでした。


練習に臨む姿勢や向上心、最終的には小学校4年生になるころには高校受験、大学受験を経ずにクラシックバレエに打ち込みたいという意思表示までするようになったのです。

要するに中学受験で高校大学まで一貫校を目指すということです。


この件については、本人にとっては大きな決心だったと思います。

小学生がこれだけの意思表示をしてくれたことに子供の成長を感じました。


そして昨年、子供はクラシックバレエと受験勉強の両立を図って、志望した中学に入学することができました。

色々と大変だった面もありますが、自分たちのしつけや教育方針が間違っていなかったと思うと嬉しくなります。