子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

挨拶の大切さ!人と関わる楽しさを子供にしつける!

f:id:akachanosusume:20150726010154j:plain
北海道 N.N さんの体験談

人との関わりは挨拶から始まる

子育てをしているとそれまで自分の生活とは直接縁のなかった人達と交流する機会が多くなりました。

病院、公園、買い物、散歩等行く先々で声をかけられ、助けられたり注意を受けたりします。

子育ては自分一人では出来ないもの、様々な人達に助けられて成り立っているのです。

初めて会う人でも、知り合いでも人との関わりはまず挨拶から始まるということを自分自信が子育てをして感じました。

その為子供にもまずその点を教えてあげたいと思いました。

挨拶を当たり前のものとして見せる

子供にも、人と関わる楽しさを知って欲しい。

知り合いに関わらず困っている人がいたら手を差し伸べて欲しい、困った時には助けて欲しいと言うことができる。

そんな人になって欲しいと親なら誰しも思うと思いますし、その様な他人との関わりを持つ為の第一歩は挨拶だと思います。


私は、その挨拶をどのように教えようかと考えました。

口で言っても実際の場面では忘れてしまっていますので、親が自らの行動で何度も見せて、真似をさせる形で教える以外に無いと思いました。

いつも我が子の一番近くにいるのは親です。ですので、子供は親の行動を良く見ています。

わからない様に見えても本当に色々なことを知っていたりします。

私がお店などで人に出会った時にどんな行動をしているのか良く見ていたらしく、突然真似をしたりするのでビックリする事も。

真似されている事を強く感じ始めてからは、いつ真似をされても恥ずかしく無い様に子供の前ではいつも礼儀正しい姿で挨拶をする様にしていました。

子供と一緒に挨拶してみる

子供は、挨拶を始めた頃は恥ずかしがることもありました。

そうかと思えば、逆に嬉しくて誰かれ構わず挨拶する時もあります。

子供の心はとても気まぐれです。

上手に挨拶出来た時にはしっかり褒めて、恥ずかしくて出来ない時には一緒に言ってあげるようにしました。

一緒に挨拶出来た時にはしっかり褒めて自信を持たせてあげるように心がけました。

自分から挨拶をして、相手から挨拶のお返しをもらえた時の子供の喜びはとても大きいものだと思います。


その後、嬉しい体験が増えると、子供のは自らどんどん挨拶をするようになりました。

挨拶はとても大切なことです。

挨拶することで自分も相手もとても良い気持ちになり、その後の人間関係が円滑に進むようになったと思います。