子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

性格の遺伝は受け入れた上で、子供をしつける!

f:id:akachanosusume:20150611021912j:plain
愛知県 M.I さんの体験談

遺伝は考えない、しつけで子供の性格が決まる

これは私の家庭の体験談になります。

うちの家庭では今現在で4歳になる男の子がいるのですが、しつけに関してうまくいったと思うところと、失敗してしまったと思っているところ、両方ともがあります。

そういった試行錯誤、また成功と失敗の中で感じたのは、子供の性格の一部はしつけによって決まってしまうのだということです。

その反面、一部の研究などでは、性格は50%近くの遺伝もあるのだと言われているそうです。

たしかに、私や夫に似ているなー、と思った事も多々あるのですが、もし遺伝がそれだけ性格に影響を与えてしまうのであれば、なお、しつけに力を入れなければなりません。

例えばうちの子供は、夫に似ていて天真爛漫、人見知りはほとんどせず、誰にでもいきなり話しかけます。

一方で、強い態度に出てくる相手にはとことん弱く、暴力を振るわれたり強い言葉を投げつけてくる相手には押し黙って固まってしまいます。

まず人見知りしないのは私達の影響もあるでしょうが、普段から優しい親族、家族が多いのと、今までよく語りかけ、会話するということを大事にしてきたからだと思います。

これは今現在でも伸ばしていきたいと思っている事です。


強い相手に対して押し黙ってしまうのは、子供の話はほとんど聞かずに、これはやってはいけない、悪いことだということに対しすぐに叱りつける事が原因だったと思います。

また、私と妻の二人で長い時間に渡って問い詰め、なんでそれをやったのか、やってはいけないことだと長時間語り続けてしまったことが原因だと思っています。

父母共に責めてしまうと、子供にとっては周囲に味方がいない状態になってしまい、外に助けを求められないので、どちらかは味方と言わずともせめて叱らないでいれば良かったなと思っています。

子供が様子伺いをするようになってしまった

また、その悪い影響の一環だと思うのですが、やたらと子供がこちらの様子を伺うようになってしまいました。

口癖は、「これ、やっていい?」です。

もちろん慎重であることは長所にもなりうるのですが、幼稚園での様子も見ていると、他の子がおもちゃなどの使用で主張する際に、さっと自分の主張を下げてしまうところがよく見られました。

優しいととることもできますが、あまりに集団の中で主張できないため、今後が非常に心配になっています。

正しいことを教え、悪いことを叱るのはとても大事ですが、あまりに追い詰めると性格そのものを消極的にしてしまうのだと実感しました。

今後はなるべく追い詰めすぎないよう気を付けていきたいと考えています。