子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

社交性を育む為のしつけについて

f:id:akachanosusume:20150525020848j:plain
神奈川県 R.N さんの体験談

一人っ子の悪い部分に気づいたこと

むかしから一人っ子はどうしても親に依存してしまうこと、そして常にまわりに兄弟がいないことでどうしても社交性に欠けるという話は聞いていました。


自分の子も一人っ子なのですが、生まれた頃はさすがにそんな心配もしていませんでした。

しかし、幼稚園に入るころになるとどうもまわりとうまく付き合うことができないことがわかってきたのです。

何しろ、幼稚園に行くにも友達とバスに乗れず、母親が必ず送っていき、幼稚園でも集団行事に意味もなく参加したがらない、そしてお友達のお母さんたちにも異常なほどの人見知り。

さすがにこのころになると家内も私もわが子の社交性のなさをいかに改善していくか考える必要があると考えるようになったわけです。

周りからの社交性についてのアドバイス

両親や家内の友達からのアドバイスもそのころにはいろいろ受けました。


中には自然に修正されるものだからという意見。

無理やりでもいろいろなコミュニティに入っていくべきという意見。

とにかくいろいろな社交性についての意見をもらいました。


こうしたいろいろな意見の中で私と家内がわが子に最も合っているのは、母親と離れる時間をできるだけ多く作るという結論になったわけです。

自分の子にもしっかりとした社交性を

幼稚園の送り迎えは急には代えられません。

ですから、幼稚園から帰ってきた後の生活リズムを大きく変えることにしました。


とにかく公園、さらにはスイミングスクールといった大人や子供がたくさんいる場所い連れて行き、母親と離れる時間を意図的に多くしていきました。

最初は少し抵抗があったようですがドラスティックな処方ではなかったので子供の方も慣れてきて母親がいない空間にも少しずつ打解けていったようです。


しかし、今だに同年代の子供たちに比べると大人に対する人見知りが過剰なところもあります。

まだまだ心配な点も残りますが、これも今のレベルにまでなれば、少しずつ改善されていくだろうと思いますし、徐々に慣らしていったことがこれからの社会でのコミュニケーショんの為にも良かったと感じています。