子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

子供が嫌がっても歯磨きをさせる!

f:id:akachanosusume:20150529173837j:plain
福岡県 S.Eさんの体験談

【歯磨きは絶対にゆずらない】

私は割と子供の意思を尊重した子育てを心掛けてきました。


子供が嫌がると結構負けてしまったり、かなり甘い子育てだったと思います。

しかし、私も私の夫も歯が弱く、とても虫歯が多くて私は幼いころから虫歯に悩まされていたので、我が子にはずっときれいな歯でいて欲しいと思っていました。

中には幼稚園から自分で歯磨きをさせる人も多いと思いますが、私は小学生になってもしばらくは仕上げ磨きをしようと思っています。

そんな確固たる目標があったので、歯磨きは本当に頑張りました。

【歯が生え始めたら始める】

私の歯磨きのしつけは歯が生え始めたらすぐに始まりました。

ガーゼで歯を拭うのですが、子供が嫌がらないように細心の注意を払ってガーゼをしました。


離乳食が始まったら、柔らかい毛の歯磨きを始めました。

口の中に歯ブラシという異物があっても違和感がなくなるようにリングタイプの安全な取っ手の歯ブラシを寝る前に持たせて遊び道具にしていました。

そのおかげかしばらくは歯磨きも全く嫌がっていませんでした。

【歯磨きは嫌がったらやらないほうがよい】

子供の歯磨きも諸説あります。


歯磨きに嫌悪を抱いてはならないので、嫌がったら休んでもよいという説もありますが、私はそうは思いません。

歯磨きを嫌がらない子供は絶対にいないと思うからです。


そして、私の子供も泣いて嫌がる時期がありました。

奥歯がはえてきて歯ブラシを口の奥まで入れないといけなくなってから、歯磨き嫌いが半年は続いたと思います。

歯磨きに20分近くかかることもよくあり、毎日戦いのようでした。

しかし、私は子供を押さえつけながら、歯磨きは絶対にやらないといけない、と言い続けて嫌がろうが泣こうが歯磨きはしっかり続けました。

【ある日全く嫌がらなくなる】

ある日、いきなり子供が歯磨きを受け入れてくれました。

歯磨きをしても全く嫌がらなくなったのです。

どれだけあばれても歯磨きはしないといけないと、観念したんだと思います。

とても大変でしたが、嫌がっても歯磨きをし続けてよかったと思います。