子供のしつけ体験談!年齢別~成功&失敗の内容とは!?

【幼児~中学生】 子供のしつけに関する体験談をご紹介!様々な家庭での、しつけの成功例や失敗例とは!?

子供に「歩く」という事を幼い時にしつける

f:id:akachanosusume:20150512191422j:plain
福岡県 E.S さんの体験談

【子供の運動不足が深刻化】

先日、市が開催する子育てセミナーに行ってきて、最近の子供の体力不足や運動不足がとても深刻化していると教えてもらいました。


しっかり運動していないせいで子どもの運動能力全体が、昔よりも劣っているそうです。
また、運動不足のでいで、体力も落ちていて病気になりやすくなるそうです。

運動の基礎的な能力をつけるためにはとにかく歩くということが必要だそうです。

子供の年齢×1キロの距離を毎日歩いた方が良いそうで、この距離を毎日歩いているという子供はあまりいないと思います。

【子供は本来なら歩きたい生き物】

子供というのはもともと歩くのが好きです。

しかし、親の都合などで車を使ったり、ベビーカーなどにのせてしまっています。


私も毎日散歩などをして子供を意識的に歩かせようとしていましたが、どうしてもなかなか動こうとしなかったり、途中から抱っこしてほしい、とかになった時に面倒くさくていつの間にか散歩もたまにしかしなくなってしまいました。

また、遠出した時などに子供が抱っこしてほしいと言い始めたら、なんとなくかわいそうになってしまって抱っこしていました。

そして、子供の中で「歩く」ということがとても面倒なことになってしまったのです。

【全然歩かない子供】

私の子供はこういった幼い頃の習慣から、歩くのがとても嫌いになってしまいました。

スーパーに行ってもカートに乗りたがる、すぐに抱っこしてとせがむ、など少し焦るくらい歩きません。

怒ったりなだめたりしながら歩かせていますが、もっと幼い頃から「歩くということは当たり前なことなんだ」と思い込むようにしつけできていれば、今こんなに苦労していないだろうな、と思います。

【歩くというしつけ】

抱っこしてと言われても、自分で歩かせる、スーパーに行ってもカートには乗せない、など歩くことを意識してしつけをしていればもっと子供の運動能力もあがったと思います。

どうしても面倒で自分のペースで早く歩きたくなりますが、どんなに時間がかかっても子どもにきちんと歩かせるのは本当に大切だと思います。

歩くのが楽しい事だと思える、そんなしつけができたら良いと思います。